2023年11月16日の国際寛容デーに寄せた世界エスペラント協会からのメッセージ

Google 翻訳の世話になりっぱなしです。

2023年11月16日の国際寛容デーに寄せた世界エスペラント協会からのメッセージ

 寛容は平和、民主主義、人権にとって必要な価値観です。私たちは平和に共存し、公共の問題について一緒に決定し、誰もが同じ権利を持つことを保証できなければなりません。寛容とは、文化、表現、人間の在り方の豊かな多様性に対する敬意、受容、尊重のことです。


 寛容は平和と非暴力の文化にとって基本的な価値観です。私たちは異なっていても、同じ社会に生きています。国民として、私たちは他のすべての国民の生活に責任があり、人権、包摂性、無差別を促進しなければなりません。


 寛容を支持するには、政府が不寛容に反対し、すべての人にとって安全な空間を作り出す法律を通じて行動する必要があります。しかし、寛容な社会は教育、情報、そして諸集団や諸個人による行動の結果です。家庭、学校、職場、施設などあらゆる場所で、私たちは寛容を促進しなければなりません。


 多くの場合、違いには言語的な違いが含まれており、私たちは言語そのものの差別だけでなく、話し方やその他の言語表現における差別にも反対しなければなりません。言語的寛容とは、同時に言語の違いに対する敬意と関心でもあります。言語の権利は社会統合にとっても重要です。我々は、例えばユネスコによる先住民言語の国際10年(2022年~2032年)のような、言語全般及び言語に関連した寛容を強化する取り組みを歓迎します。世界中のさまざまな言語の人々を結び付ける協会として、私たちは対話と相互理解の手段としてエスペラント語を提案しています。

https://esperantoporun.org/wp-content/uploads/2023/11/Toleremo-UEA-2023.pdf